心斎橋・梅田にあるAGA病院の治療と男性ホルモンについて

男性ホルモンについて

心斎橋・梅田にあるAGA病院では、AGAの原因を2つに分類して考え、治療を行うと言います。

AGAと言うのは、男性型脱毛症であり、ストレスおよび遺伝が原因であると言われています。
また、これらの原因を作り出しているものにホルモンがあります。
この男性ホルモンにより、薄毛になるとも言われているのです。

心斎橋・梅田にあるAGA病院では男性ホルモンを抑制し、脱毛を防ぐ治療を手掛けています。
この治療に利用されるのがプロペシアです。
プロペシアは、心斎橋・梅田のAGA病院を初めとして、多くの病院で利用されているという服用タイプの治療薬です。

治療を行う場合は、病院で処方箋を貰い、プロペシアを1日1錠服用していく形になります。
通常は、1ヵ月分が処方され、経過を1ヶ月おきに通院を行なって診察を行う事になりますが、通常は6ヶ月が上限とされます。

しかし、服用を辞める事でAGAの進行は開始されることになりますので、その都度医師の指導を受ける必要があるのです。

一言で薄毛と言っても、原因は様々であり、AGA病院などの専門医での診察および治療を行う事で適切な処置を可能にしてくれるのです。

因みに、男性脱毛症に有効とされるプロペシアと言うのは、毛母細胞に対して働きを阻止してしまうというホルモンでもあるDHTに対し、抑制効果をもたらし、薄毛の進行を抑える働きがあります。
このDHTこそが男性のホルモンと言うもので、この男性ホルモンの悪さを阻止してくれるのがプロペシアの役割でもあるのです。

ランキング

心斎橋・梅田のAGA病院

お役立ちコンテンツ