AGAの専門病院なら注射での治療もあります

注射で薄毛治療

抜け毛や薄毛など症状が深刻なAGAは、遺伝や男性ホルモンなどによる原因がほとんどで専門の病院で治療をしなければ治らないものとなっておりますすが、大阪府の心斎橋・梅田ならAGAの治療が可能な専門の病院がございます。

AGAの治療といえば、主にはプロペシアと言われている錠剤などを1日1錠づつ、半年ほど飲んで様子を見て行く方法と、もう一つは注射を打って治療を行うという方法がありますが、後者の方は、直接毛根の近くに刺していくことによって錠剤のように毎日少づつ服用して半年くらいで経過をみていく内服薬と比較すれば、格段に効果の高い治療方法となっていて、その治療の効果を最大限発揮できるものと言われております。

また、半年間内服薬を服用したけれども効果があまりなかったという方も、毛根の近くに直接刺していくことによって、効果が表れることが多いので、抜け毛や薄毛などに悩んでいるAGAの患者さんの期待の治療法ともなっております。
しかし、毛根の付近に刺したからといって、即効果が出るという訳ではありませんし、AGAがかなり進行している場合には3カ月以上は効果が出るまで待つ必要がありますからあせらずに気長に治療をしていくようにしましょう。

 

ランキング

心斎橋・梅田のAGA病院

お役立ちコンテンツ