ストレスによる薄毛・AGAの治療なら梅田の病院

ストレスによる薄毛

AGA男性型脱毛症は遺伝の他にも、過度なストレスが原因になることがあります。
血液の流れが悪くなり、毛髪の成長に必要な栄養や酸素が届きにくくなって抜け毛が増えてしまいます。
さらにジヒドロテストステロンという男性ホルモンの分泌が増えて、髪の成長を阻害し、薄毛が広がってしまいます。
円形脱毛症の場合は一過性の症状でそのうち収まりますが、AGAはそのままにしても治りません。
もし額から薄くなりはじめたり、頭頂部から薄くなり始めましたら、お早めに梅田の病院で治療を受けてはいかがでしょう。
梅田の病院ではプロペシアを使ったAGA治療を提供しています。
プロペシアは世界で唯一、医学的な効果が証明されているフィナステリドを主成分にしています。
AGAの原因となっているジヒドロテストステロンを抑える効果があり、多くの方でAGAの改善が見られている内服薬です。
プロペシアは1日に1錠服用するだけで良いので、どなたでも手軽にAGA治療が受けられるようになりました。
しかしプロペシアは高価なお薬で、3月から6か月は続ける必要があります。
病院での治療は自費診療となり保険は適用されません。
治療費がかかりますが、年齢が若い人ほど、症状が初期な人ほど効果が表れやすいので、薄毛が気になり始めたら医師に相談してください。

 

ランキング

心斎橋・梅田のAGA病院

お役立ちコンテンツ